プーケット・カトゥティンマイン(錫)博物館

【カトゥ ティンマイン博物館】
錫で栄えた時代のプーケットを知る 

2009年にオープンした『カトゥティンマイン(錫)博物館』。広大な敷地にどか~んと建っている。プーケットは18~20世紀初頭まで錫の採掘で栄えた。プーケットタウンのオールドタウンといわれる町並みはその当時の遺産。たくさんの華僑がプーケットに入植して、地元の人と結婚し、ババと呼ばれた。

この博物館ではそのババたちの文化と錫産業について、大きく3つのゾーンに分けて展示している。私もババの文化に興味があるので見に行ったが、錫採掘の現場風景などを見ると、過酷な労働ぶりも伺えて、光と影を感じた。

一番気に入ったのはかつての町を再現したゾーン。お茶屋の隣に雑貨屋、神社があって向かいに薬屋など、オールドタウンに残るシノポルトギース様式のタウンハウスに重ね合わせてみると活き活きとした光景が想像できる。小部屋でアヘンを吸っているおじいさんの人形には思わず『ひえ』と声が出た。妙な感じにリアルなのだ。なにしろ、博物館自体が閑散としているので余計に驚いた。説明もほとんどタイ語なのでガイドさんと行く事をおすすめ。
8:00~16:00 日休。ロックパームゴルフ場の裏道、空港へのショートカット沿い。

ページ:
1 2 3

4

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

お得なクーポン

プーケットのクーポン

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

ページ上部へ戻る