4~5月はマンゴーの季節!地元おすすめのマンゴースイーツも一挙紹介!

カオニアオ マムアン@プーケット タイ

極暑が続く4月から5月が旬のマンゴー!市場や街の果物やにはマンゴーが山積みです。アイスクリームショップやレストランでも毎年。マンゴフェアーが開催されて、プーケットもマンゴーパラダイス!1年中食べられるマンゴーですが、旬の味は最高! パトンビーチなど、観光客が多いビーチではフルーツ屋台でもマンゴーを販売。プラスチックのカップにどっさり入って売っているので、気軽に食べることができます。

マンゴーは美味しいだけでなく、ビタミンA、C、Eやポリフェノールなどの抗酸化物質を多く含んでいるので、アンチエイジング効果もあり、とくに他の果物の3倍以上も多いとされるβ-カロテンは疲労回復や風邪予防にも役立ってくれます!さあ、暑いけど、マンゴー食べて美味しく、元気になりましょう!
P1014650.JPG

50種類以上のマンゴーがあるタイ。超あま~くて香りもよい人気のナムドクマイは最高級品種

mango1.jpg

マンゴーのタイ名はマムアン。タイには50種類以上のマンゴーがあります。その中でも一番人気があるのがナムドクマイ。日本にも輸出され、『花のしずく』と訳される、高級品種です。ナムドクマイは熟すまでは酸っぱ味がありますが、熟すと外側に蜜がちゅるちゅるでてきて、水々しく上品な甘みと香りが楽しめます。トップシーズンではなんと糖度24度を記録したこともあるそう!上の写真は左二つがナムドクマイ。熟したものと未熟なものの状態で、それぞれ店頭に並びます。

一番右側の青いマンゴーはキヨウサワイ。旬は2月~5月上旬で、キヨウサワイも人気の種。熟しても青いままで、見た目と違って酸味はほとんどなく、さっぱりした、青くささのある甘みが特徴です。青マンゴーが並んでいたら、一番高いのがキヨウサワイと覚えていればだいたい間違い無し。

キヨウサワイ以外は超酸っぱい青マンゴー。タイ人はその酸っぱさを楽しみます。唐辛子と砂糖で作ったディップをつけて食べたり、ソムタム(タムマムアン)やヤムにして食べます。
P1012481.JPG

その他、日本に輸入されているマハチャノ種もよく見かける品種で、細長でややオレンジがかった色をしています。食べてみると甘みが平坦という感想。平均糖度は15度。生食用だけでなく、近年はコンビニエンスストア等での加工用としての使用も増えているそうです。旬は3月~6月。

タイの古代種マンゴー【カーイトゥック マンゴ】

P1012315.jpg

セントラルのマーケットに行ったら、各種マンゴが陳列されている中で、見かけないマンゴを見つけました。名前は『Khaituek Mango』、呼び方はカーイトゥックマンゴでいいでしょうか?なんか古代からある種類だと説明が付いています。流通の問題で高いんでしょうか?並んでいるマンゴのなかで、一番高い。ネットで調べてみると、やっぱりこのカーイトゥックマンゴはちょっと高めらしいです。興味津々で買ってみました。

この丸みをおびて、ころっとしたフォルム。もう甘いから食べ時といわれましたが、皮はすごい厚くて固い。なので、翌日まで放置。翌日には表面にそばかすのような点々が出てきました。このそばかすは熟れている、という印です。剥いてみましたが、まだまだ固い。身は黄色で、水分があまりない。種に向かっていくにつれ、身がオレンジ色になっていきます。黄色いところはやや甘。オレンジ色の身は甘い。風貌からして、素朴で実直?! 品種改良された種とは違う、昔モンの味ということでしょうか。

プーケットで食べてみたい!おすすめのマンゴースイーツ&ドリンク

マンゴのスイーツやドリンク類はタイ人にも観光客にも人気。スイーツの代表格はモチ米とマンゴーにココナッツミルクをかけていただくカオ二アオマムアン。屋台、スーパーマーケット、カフェ、レストランなどいろいろなところで売られています。その他、アイスクリーム、ケーキ、クレープ、スムージーなど、食べたいものいっぱいです。

タイの伝統的デザート・カオニアオマムアン

mango.jpg

タイスイーツを代表する『カオニャオマムアン』!マンゴをちょっと甘く炊いたもち米と甘しょっぱいココナッツのソースをかけていただきます。カオニアオマムアンの記事

マンゴー感いっぱい!マンゴースムージー

P3200252 (2).JPG

どこに行ってもマンゴースムージーをオーダーしている友人に、このマンゴーの季節到来に伴って、「どこのマンゴースムージーがおいしい?」と尋ねてみた。「それがさ、意外なとところで、セントラルの別館(ホームプロがあるビル)、香港ワッフルも売っている店」ということだった。マンゴスムージーの記事

マンゴーの果肉入り!マンゴージェラート

P1014636 (3).JPG

コーンで食べたマンゴーソルベ。マンゴーの果肉入り!めちゃくちゃボリュームがあって、99バーツ! マンゴージェラートの記事

マンゴーシャーベット@セブンイレブン

P1010158.JPG

『ete』というアイスクリームメーカーが出しているマンゴとドリアンのシャーベット。ほんとにフルーツの味がします。袋にもリアルフルーツから作っている、という表記があります。このシャーベットはセブンイレブンで売っています。そしてなんと1本25バーツ(約75円)!

チープに食べるマンゴーのシェイブアイス

P1011262.jpg

マンゴーとノムソッド(練乳風の甘みでもっとサラッとしている)のシェイブアイスをいただきました。あの、台湾風の細かい氷の上にたっぷりノムソッドがかけられ、たっぷりのマンゴがのっています。このシェイブアイスは最近、おしゃれなカフェとかで食べれますが、意外にお値段もする。このお店、『ナムトーフ ヤワラート』では60B! マンゴーシェイブアイスの記事

マンゴーのおしゃれなシェイブアイス

P1010045 (2).JPG

インスタ映えで人気のオールドタウンのカフェ。このマンゴのシェイブアイス、氷はミルクが多いのですが、そこにマンゴのソースをかけて、マンゴ味が増します。しかし、なんといっても一番美味しかったのは半身のマンゴ!超あまっ! おしゃれなマンゴのシェイブアイスの記事

重なり合うマンゴー。マンゴーのクレープ

P1010266 (2).JPG

プーケットのおいしいマンゴスイーツを食べています。本日は、オールドプーケットタウンで有名なマンゴクレープ。日本の雑誌にも紹介されているし、もう、長いこと有名です。それなのに、今日まで食べたことなかった。やっといただいた感想は…. マンゴーのクレープの記事

マンゴーチーズケーキ&ミルクレープ

P1010070 (2).JPG

このカフェは裏にヤシの林が広がる、ひろ~いお庭の高床式母屋のそばに建てられたガラス張りの建物。ほんとに大きな火炎樹の木の下に建っています。マンゴ-スイーツはマンゴーのチーズケーキとミルクレープの2種類がありました。チーズケーキはチーズが超濃厚で…、マンゴーチーズケーキの記事

マンゴジェリー@ピピ島

P1010001.JPG

トンサイ湾の桟橋近くにあるので、日帰りツアーでも寄れる範囲にあります。メニューを見ると、おすすめにMango Jello というのがありました。マンゴジェリーにホイップクリーム。生のマンゴ添え。このジェリーはアガアガで作られていると思います。

デイリークイーンののマンゴーフェスティバル

P1010098 (2).JPG

デイリークイーンはご愛用のアイスクリームショップ。日本には昔あったけれど、今は撤退してないんですね。東南アジアでは人気のお店でどの国にもあるようです。プーケットもスーパーやデパートには必ず入っています。「安くて美味しい」それがデイリークイーンの魅力。ソフトクリームは15バーツ。そして季節限定!カオニアオマムアンアイス(マンゴーとモチ米のアイス)! カオニアオマムアンアイスの記事

今回紹介したマンゴーやマンゴースイーツもまだまだほんの一部。マンゴー好きのみなさん、このマンゴーの季節をいろいろトライして楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

お得なクーポン

プーケットのクーポン

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

プーケットのお天気

曇
Currently
今日は昨日より気温が低くなる でしょう。 午後に雷雨が発生。.
雷雨の可能性
今日 04/27 40%
雷雨の可能性
午後に雷雨が発生。 最高気温30℃。 東の風10~15キロメートル毎時。 降雨確率は40%。
ページ上部へ戻る