パトンビーチの屋台@プーケット

シーフードもタイ料理もスイーツも、なんでもありの屋台はやっぱり魅力的。今回はパトンビーチのメインのナイトマーケット、バンザーン市場と、マリンプラザをご紹介します。パトンの屋台の特徴は観光客にもすべてわかりやすいということでしょう。値段の表記や料理のサンプル表示、外国人好みのメニューやスイーツなども出店しています。値段的にはパトンの中心から離れているマリンプラザのが少し安いかな、という印象です。

バンザーン市場は便利なジャングセイロンすぐ裏!

banzan-s.jpg bannzann-bld..JPG ショッピングセンター・ジャングセイロン裏にあるバンザーン市場の屋台は午後6時ぐらいから始まります。歩きながらつまめるフライドチキンやアイスクリームから、タイ風サラダや焼きそば、豚の串焼きなど、屋台料理がバラティ豊かに並んでいます。

シーフードは買ったその場て調理してもらって食べることも。生きたロブスターやエビなどが水槽に入って並んでいる店もあり。ゴチャゴチャとした雑多なアジアの雰囲気を楽しめること間違い無しです!
chiken.JPG タイの屋台発で有名になったロールアイスもおいしい!ロールアイスはビーチにある屋台で食べるほうが美味しいんです。その理由はフレッシュフルーツを使ったメニューがあるから。プーケットタウンの屋台では安く食べられますが、フルーツはなしのメニューなんですよね。ココナッツの殻にのせた、トッピング盛り放題のココナッツアイスもタイならではで美味しいです。
ice.JPG 続きを読む

マリンプラザ-パトン南部。観光客にうれしい料理はサンプルで展示!

sample.JPG マリンプラザはジャングセイロンの裏通りにあるバンザーン市場をカタ方向に向かって突き合たった交差点をビーチに向かってちょっと行ったところにあります。この周辺には近年、小さなホテルが続々オープンしているため、簡単にテイクアウトもできるご飯ものなども充実しています。

市場には屋根があって、店はブースで区切られ、清潔感があります。店舗数は少ないですが、料理はサンプルや写真付きでわかりやすく表示されているので、観光客にもわかりやすいです。昼間は数軒しか開いていないようなので、やはり夕方から行くのがおすすめです。
malinplaza.JPG

全体的な規模はバーンザーン市場より狭いですが、所々にテーブルもあります。フルーツの盛り合わせはパトンらしいアイデアでミックス盛り。シーフードも、たとえばシャコ1匹300バーツと売っているので、量り売りより気軽に買える気がします.奥には衣料品や各種おみやげなどのお店もあります。(2015年取材)
marine-sample.jpg fishBBQ - コピー.JPG tennai.JPG sousage.JPG food.JPG fruits.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

お得なクーポン

プーケットのクーポン

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

プーケットのお天気

所により曇
Currently
所により曇
今日は昨日と ほぼ同じ気温となる でしょう。 午後に雷雨が発生。.
雷雨の可能性
今日 05/23 40%
雷雨の可能性
午後に雷雨が発生。 最高気温31℃。 南南東の風10~15キロメートル毎時。 降雨確率は40%。
ページ上部へ戻る