プーケットインターナショナル病院┃病院の概要と診療科目

プーケットインターナショナル病院

地元住民、観光客、在留外国人が利用する私立病院

プーケット・インターナショナル病院は1982年に開院した、プーケット初の私立病院です。現在はバンコクプーケットホスピタルと並んで、プーケットの2大私立病院として島の医療に貢献しています。開院当初から地元の主要な病院の一つとして地元住民に利用され、様々な言語を話すスタッフが常駐していることで、海外からの観光客や在留外国人にも幅広く利用されています。

各病棟と施設の説明

現在、1号、2号、3号、5号の4病棟があります(4号はなし)。
1号棟:救急室、外科、整形外科、経過観察室、放射線科、薬局、会計
2号棟:1階に物理療法リハビリテーション科と鍼灸・漢方クリニック、カフェテリア。3階と4階は患者病室。
3号棟:6階建てで、3、4階は外来と専門クリニック(内科、産婦人科、小児科、歯科、人工透析センターなど)。5、6階は病室。
5号棟:一番新しい病棟で、3階にウェルネス・センター、皮膚科( Phuket International Dermatology Institute)、4階に美容形成外科 PPSI (Phuket Plastic Surgery Institute)、5階はPPSI の患者病室、6階には手術室・分娩室・新生児室、患者病室。

診療科目と診療時間

● 小児科(小児アレルギー科、児童精神科を含む)
● 産婦人科(不妊治療を含む)
● 外科(内視鏡手術など)
● 整形外科(膝置換手術、股関節置換手術など)
● 内科(神経内科、腎臓病、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、腫瘍内科を含む)
● 耳鼻咽喉科(いびき治療を含む)
● 眼科
● 精神科
● 歯科(審美歯科を含む)
● 人工透析センター
● ウェルネス・センター(健康診断など)
● 皮膚科(美容皮膚科を含む)
● 美容形成外科(豊胸手術、脂肪吸引、タミータック、眼瞼手術、隆鼻術など)
● 物理療法リハビリテーション科
● 鍼灸・漢方クリニック

診療は24時間救急対応ですが、一般の受付は午前9時から午後3時半頃までに来院するのが安心です。

病院のベッド数と病室タイプ

2016年12月現在、ICUを含めて124床が稼働しています。2つの病室棟が現在リノベーション中で、そちらも含めると177床となります。
病室には相部屋、個室、特別室があります。個室にはトイレ・シャワー室、電話、テレビが備えられています。全室エアコン付きで、ベッドサイドテーブルやクローゼットもあります。どの部屋もベッド脇にナースコールが配置してあります。病室のタイプは患者さんの希望、入っている保険の補償範囲、担当医が薦める治療や介護の種類を基にして決められます。

入院中の食事については、医師の許可があれば、提供されるメニューから注文できます(別途費用)。メニューには一般的なタイ料理とパンケーキ、サンドイッチ、スパゲティ、サラダ、スープ、ステーキといった洋食、飲み物はコーヒー・紅茶、フルーツジュースやスムージーなどがあります。(料理は病院のカフェテリアで注文できるものと同じです。)

取材協力:プーケットインターナショナルホスピタル日本人コーディネーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

お得なクーポン

プーケットのクーポン

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

プーケットのお天気

雨
Currently
明日は今日より かなり気温が低くなる 雷雨。.
雷雨
水曜日 09/20 90%
雷雨
雷雨。 最低気温26℃。
ページ上部へ戻る