プーケット オールドタウン観光の中心! タランロード案内

ソイロマニー@オールドプーケット

プーケットで一番最初にできた道、タランロード。

タラン通りはプーケットタウンで一番最初にできた道路。錫で栄えた時代、この道は商業の中心でした。時は流れ、町の中心が移ってタラン通りは時代から取り残されていました。そして近年のオールドプーケット人気でまた息を吹き返したのです。シノポルトギース様式の町並みには生地屋、漢方薬局、印刷屋、ロティの店など、昔からある店に加えて、洒落たカフェやレストラン、ゲストハウス、お土産屋などが次々とオープンし、現在は人気の観光スポットになっています。
P1011750.JPG 中国とポルトガル様式がミックスされたシノポルトギース様式。ショップハウスは間口は狭く、うなぎの寝床のように奥に深い作り。途中に中庭があって、風水により、明り取りと風が取り込まれ、建物内は涼しくなっている。

P1011154.JPG タランロードと直角に交差する小道、ピンクの建物がロマンチックなソイ・ロマニー。タランロードの一番象徴的な場所。

China-Inn.JPG タラン通りで最も古いカフェ・チャイナイン。奥には小さな庭に面したテーブル席もあり、その奥がキッチンになっている。シノポルトギースのショプハウスの造りがよ~くわかる。

Aroom-rotl.JPG イスラムのパンケーキ、ロティの店。ここでは甘いロティではなく、カレーと食べるお食事のロティが食べられる。プーケットにはイスラム系の人も多く、タラン通りにはイスラムの店も多い。

P1018911.JPG 地元の若者に人気のマキアートハウス(カフェ)。こちらもエアコン席とオープンエアがあり。
オー・ナチュラル入口
プーケット生まれのオリジナルハーブショップ・オーナチュラル。

S82A3716.JPG タランロードのウォールアート。オールドタウン内の各所に描かれていて、インスタポイントとして人気。細い路地にあったりするので、探しながらブラブラ散策してみるのも楽しい。

P1012245.JPG 毎週日曜日の午後4時から10時まで催されているタランロードの『プーケットウォーキングストリート』では通りがライトアップされ、食べ物屋台や衣料、雑貨などが軒を連ねて地元民や観光客で賑わっている。

オリジナルアイスクリーム@ソイロマニー
P1013387.JPG オリジナルアイスクリームの店、トリーズはタランロードから繋がるピンクの街並み・ソイロマニーにある。タイの王室が立ち寄ったことで、地元で人気となった。濃厚な味で美味しい。トリーズのアイスクリーム

プーケットのかき氷オーエオ@クラビー通り
S82A3418.JPG プーケット名物のひとつ、オーエオのかき氷。タラン通りからクラビ通りにはいった『プーケットタイフア博物館』の隣にあるカフェインはオーエオの美味しいカフェとして有名。

そのタラン通りに時々一般公開という家がある。格子越しに見える家の中がステキなので、観光客もよく覗いている。ラッキーなことに家主に会うことができた。この家は現家主のお祖父さんが1941年にペナンの華僑から4000Bで買ったとのこと。家の中を見学させてもらった。立派な神棚、豪華な螺鈿のダイニングテーブル、天井は一部が吹き抜け、その下に井戸がある。シノポルトギースの家は風水を取 り入れた造りなので、家の中は本当に涼しい。井戸付きの中庭がある家も結構多い。タラン通りは狭い。通り沿いの各家の間口も狭いから、その奥にこんな快適 な空間があるなんて、最初は想像もつかなかった。 (2012年11月取材 2017年現在、この家は公開されていません。)
P1010733.JPG

地名
タランロード
ロケーション
プーケットタウンのオールドタウンエリア
一口コメント
オールドプーケットの歴史に興味がある方。インスタ大好きにおすすめ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

お得なクーポン

プーケットのクーポン

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

プーケットのお天気

だいたい曇
Currently
だいたい曇
明日は今日とほぼ同じ気温となる でしょう。 雷雨。.
雷雨
木曜日 11/15 80%
雷雨
雷雨。 最低気温26℃。
ページ上部へ戻る