ビニールのカゴバッグ@イサーン・ロイエットのOTOP

カゴバック@ロイエットのOTOP

タイでもよくOTOP(日本の一村一品運動を参考にしたといわれている)製品のフェアがデパートやスーパーマーケット、屋外の広場などで催されます。タイ各地の名産品がそこで買えます。

セントラルフェスティバルのユニクロの前で開催しているOTOPはタイ東北部のロイエット県からの名産品を売っていました。このカゴバッグの素材は梱包のときに使われるビニールの硬い紐です。いろんな色がありました。

プーケットでもこの素材に近いカゴバッグが以前、プーケットのOTOPとして売られたことがあります。最近、見かけないですが。プーケットの場合は紐がもうちょっと幅広で、硬かったように思えます。色もはっきりとした色合いが多かったかな、と思います。

同じタイでも地方によって、好まれる色合いとかも違います。日本でも同じですよね。このロイエットのバッグの色合いはどれも可愛らしかったので、目にとまりました。

バッグのサイズもいろいろありますが、収納ボックスみたいなのもありました。なかなかいい感じです。下のバッグはA4サイズがゆったり入るサイズで、とても使いやすいサイズ。ビニールなので、ビーチやプールに持っていくのもいいですよね。ちなみにお値段は、130バーツ!

無口なおじさんの店で、なんとそばの時計屋のお姉さんが、自ら手伝って売っていました(笑)。ロイエットはバンコクから約800キロ離れたイサーン地方の都市で、灌木と赤土のイサーン高原の真ん中にある町だそうです。おじさんもそこから出てきたから、そんな商売人じゃないんでしょうね。でも、カゴはとってもカワイイので、気になる方は行ってみてください。7月25日までとのことです。(7/2019)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

お得なクーポン

プーケットのクーポン

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

ページ上部へ戻る