ジョーズ ダウンステアーズ(Joe’s Downstairs)-ニューワールド

img_gallery_n14

ホスピタリティアジア誌によるBest Casual Dining in Asiaとタイのベストシェフ受賞の名店

海風に吹かれてビーチを眺めながら、ロマンチックに空を染めるサンセットを見ながら、『おいしい1杯』を飲みたい!そんな時におすすめしたいのがジョーズダウンステアーズ。店はパトンの北端、カリムベイに面した岩の上に建っている。白を基調にカジュアルなビーチハウス風の造りで、カウンター席とテラス席がある。

ビール、カクテル、そして世界的に有名なアメリカのワイン誌ワインスペクターで 『Wine Spectator award 』を受賞したワインセラーを持つ。料理はシェフとして数々の賞を受賞したアーロンが作る極上素材を使ったタパスやとニューワールドの料理。アーロンが和テイストを取り入れているのも興味深いところだ。
IMG_0077.jpg

素材にこだわった料理をカジュアルに楽しむのがジョーズ流

IMG_0963.JPG

素材にこだわったタパスからメインディッシュまでをカジュアルスタイルで楽しむというのが店のコンセプト。この日も私たちの他、 おしゃれなリゾートウエアに身を包んだアジア人と西洋人の美人二 人が夕暮れのテラスでモヒートとタパスを楽しんでいた。なんと絵 になる光景。

私達はホスピタリティアジア誌でタイのベストシェフを受賞したアーロンのおすすめ4品の料理をいただいた。特に印象的だったのはメイン料理のアンガス牛の煮込みと、プーケット産スナッパーのソテー。牛の煮込みは口の中でほろほろっと崩れて溶けるほどのやわらかさ。赤ワインソースとの相 性も良く、意外にさっぱりで1皿ペロッといける。

スナッパーのソテーはリゾットが添えられ、これまたボリューム満点だが、全体的に薄味に仕上がっていてトリュフオイルの香りも良い感じ。カリカリに皮をやいたスナッパーのふっくらとした美味しさは、やはり地で獲れた新鮮なものだからこそ。 夕方からのテラス席は既に予約で埋まっている。こんな店で過ごすリゾートの夕暮れもまた最高。

写真上はゴートチーズの赤ピーマンジャム 添え495B。ピーカンナッツとクレソンの サラダとカリカリに焼いた山羊のチーズ。 よく焼いてあるせいか全く臭みはない。

_MG_0006.jpg
_MG_9967.jpg

写真左(上)カリカリのマスタードシードの衣をつけたタスマニアンサーモンのフィレ。アボカドとロックロブスター、ブールブランソース添え 915B。写真右(下) チキンの胸肉 ハーブ&ブラックトリュフ詰め。ゴートチーズとマルサラデミグラスソース添え。795B (2017年)

IMG_6438.jpg ジョーズダウンステアーズの入口。階段を下がっていくと目の前に海が広がっています。
 
【レストランデータ】
店名:ジョーズダウンステアーズ(Joe’s Downstairs)
ロケーション:パトンビーチ・ダイヤモンドクリフリゾート向かい
営業時間:12:00-23:00
TEL:063 078 5887
ウエブサイト
お問い合わせと予約の日本語ヘルプ
rs_Pecan-Crusted-Phuket-White-Snapper-Filet3.jpg rs_Duck-2-WAYS4.jpg rs_DSC_4998.jpg rs_Crispy-Skin-Peking-Duck-Rolls-3.jpg rs_Braised-Angus-Beef-Short-Rib4.jpg rs_Joes_House13.jpg rs_Joes_Blue-sea2.jpg re_untitled-48.jpg rs_Joes-Famous-Burger2.jpg rs_Joes_Daytime2.jpg IMG_1774.JPG DSC_0076_resize.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

お得なクーポン

プーケットのクーポン

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

プーケットのお天気

所により曇
Currently
所により曇
今日は昨日より 暖かくなる でしょう。 深夜に雷雨。 今夜.
所により曇
今日 06/21 20%
所により曇
所により曇り。 最高気温30℃。 西の風10~15キロメートル毎時。
ページ上部へ戻る