プーケット名物ミーパットホッキアン-ミートンポー ミシュランガイド・プーケット2020

ミートンポー@プーケットタウン

プーケットの地元料理の麺代表がミーパットホッキアン(福建麺)。18~19世紀、中国福建省からマレーシア・ペナンを経由してプーケットに錫の採掘にやってきた中国人の影響を受けて生まれたプーケットスタイルの福建麺です。黄色い卵麺より太くて、プーケットのオリジナル麺で作った焼きそばです。

この名物焼きそばで有名なのが、プーケットタウンの時計台(タイ語でWong Wian Ho Nalika)のそばにある『ミートンポー サーカー1(本店)』。この店は1946年に開業した老舗です。元々地元民やタイ人観光客も訪れる人気店ですが、ミシュランガイドプーケット2020でミシュランプレートにも選ばれました。

ミートんポー(サーカー1)

メニューのおすすめをご覧ください。右ページの左上が『ミートンポー』という名の福建麺。貝、イカ、エビ、練り物、魚入り。これがプーケットスタイルなんだだそう。卵をオプションで追加するのはお約束です。

ミートンポーのメニュー

プーケットの福建麺は焼きそばという割には汁が多いことも特徴です。この店の焼きそばは貝のダシが効いている!これがなんとも美味しいです。全体の味付けはわりと薄味。昔ながらの店はだいたい味付けは濃くないものですよね。お好みで酢を入れるとさっぱり仕上げになります。麺は左ページの上にあるように3種類から選べます。

福建麺@ミートンポー

麺は太い卵麺とビーフンのミックスにしてもらいました。友人のアドバイスですが、これはいいチョイス。卵麺のみはちょっと重ったくなります。ちなみに!お値段は80バーツです。

ムーサテ@ミートンポー

ムー(豚)サテも頼みましたが、肉がジューシーで美味しい!ピーナッツ入りソースも甘さ抑えめ、ピリっと辛味もあり。10本で60バーツ。店先で焼いてます。天気良かったので、焼いてるおじさん、暑そうでした。

ミートンポーはタウンに2軒、カトゥに1軒、タランに1軒とプーケット内に4軒あります。どこも美味しいですが、やはり時計台そばのこの店が一番人気です。(2018年9月)

【レストランデータ】
店名:ミートンポー(Mee Ton Poe) サーカー1
ロケーション:プーケットタウン時計塔Wong Wian Ho Nalikaそば。Hock Guan Kong Templeに隣接
営業時間:10:00-20:30 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

ページ上部へ戻る