プーケットで絶対食べたい地元料理とは!?

プーケット・シーフード

プーケットはアンダマン海に浮かぶ島という環境に、タイ人、中華系タイ人、イスラム教徒と文化の違う人々が暮らしている。もちろん食文化にもその特徴があり、プーケットならではの料理を楽しむことができる。

アンダマン海からの新鮮なシーフード

プーケットにきたならシーフードを食べなきゃ始まらない!

シーフード・屋台

アンダマン海につながるマングロープ生息地域にいるマングローブクラブ(プーダム)は肉もぎっしりつまり肉質も甘くて美味しいく、ソフトシェルクラブも絶品。

ロブスター、スズキ、サワラ、ハタ、アジ、キス、エビ、シャコ、イカ、ワタリガニ、ムール貝、カキなどの種類豊富なシーフードを満喫できる。魚はどれも白身のさっぱりした肉質で、地元では油で揚げて食べることも多い。魚のナンプラー揚げ・青マンゴーサラダ添え、エビとニンニクの素揚げもカラッとしていて美味しい。キスのターメリック風味揚げも人気。下の写真は人気のプーパッポンカリー。ワタリガニと卵のカレー炒め。マイルドな味わいで観光客にも人気のメニュー。

125.JPG

 109.JPG

 

ふんわりと蒸したスズキにパンチの効いたカレーをかけたチューチープラーは、辛さと旨味のバランスが素晴らしいタイ料理の一品。

チューチープラー@バーンリムパ・プーケット

チューチープラー

干し海老はプーケットの名産で、あみを発酵させた味噌カピと干し海老やライムジュースを和えたナンプリック(ディップ)はご飯が何杯も食べれる最強ご飯のお供。

新鮮なプリプリオイスターを生で食べる。タイでは、揚げシャロット、ニンニクスライス、唐辛子、タイのハーブ、酸っぱ辛いタレ、ライム、胡椒などをお好みでトッピングして食べる。ホテルや高級レストランでは、フランス産の生牡蠣を出しているが、地元のレストランでは日本でいう岩牡蠣に近いタイ産の牡蠣をリーズナブルな料金で一年中楽しめる。

 

中華系タイ人の文化を残すババ料理

ババとは、華僑の男性を指す中国語で、マレーシアやシンガポールでは女性をニョニャと呼んでいる。なぜかプーケットでは男性も女性もババと一括りにしているようだ。今でも多くのババがプーケットで生活し、当時の面影を残すオールドプーケットタウンというエリアに多く住んでいる。

プーケットで生活する中華系タイ人は、もともと福建省や潮州からマレーシアのペナンに出稼ぎに出かけ、さらにプーケットの錫鉱で働くために移住してきた。そのため、プーケットのババ料理はタイ料理、福建料理、マレーシアの食文化を汲んだ独特の料理になっている。

タイ人観光客がプーケットにきたら1度は福建麺を食べる。

少し太めのエッグヌードルのような福建麺を焼きそばにしたり汁麺にして食べる。焼きそばなのに汁が結構ありるのが特徴で、日本の焼きそば麺よりも柔らかくコシがない。福建麺とビーフンを炒めたビーフンミーというのも他では味わえないプーケットならではの焼きそば。プーケットタウンのスリン時計台側にあるお店は有名。

福建麺

ムーホン(豚バラの甘辛煮)は日本人にも馴染みのある味付け。ケンプーセンミー(蟹肉たっぷりのカレーをビーフンのような極細麺にかけて食べるカレー麺)、これもプーケットにきたら食べて帰りたい料理の一品。

ナムチュッブマムアンバオ(青マンゴー、豚肉、タマリンドのナンプリック)は、暑くて食欲がないときでもご飯が食べれる優れもの。もやしと豆腐の炒めものなどもある。ビーフン炒めと肉骨茶(バクテー:豚のスペアリブと漢方を煮込んだ薬膳スープ)は独特の漢方臭があるが体に良さそうな一品。

ケーンプーセンミー

ホテルのレストランのケーンプーセンミー

プーケットタウン・タラン通りにあるKopitiam by Wilaiと1軒先隣のWilaiレストラン、プーケット通りにあるWan Chanでババ料理を楽しめる。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

お得なクーポン

プーケットのクーポン

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

プーケットのお天気

曇
Currently
今日は昨日より気温が低くなる でしょう。 所により雷雨。.
雷雨の可能性
今日 11/23 60%
雷雨の可能性
所により雷雨。 最高気温30℃。 東の風15~30キロメートル毎時。 降雨確率は60%。
ページ上部へ戻る