タイ料理図鑑【パッタイ クンソッド】今月のおすすめ

パッタイクンソッド

タイ料理の中でも万人に愛されているメニューのひとつがパッタイ。

乾麺のライスヌードルを戻したものに、鶏卵および小さく切った豆腐を加えて中華鍋で炒め、タマリンドの果肉、ナンプラー、干しエビ、ニンニクまたはエシャロット、赤唐辛子およびパームシュガーで調味し、ライムと刻んだローストピーナッツを添えて完成。モヤシ、ニラ、バナナの花などが添えの野菜として出される。具には生エビが入るのがポピュラー。
その歴史の始まりは1930年代。第二次世界大戦で米不足に陥ったタイは政府がライスヌードルを食べることを奨励し、国民食コンテストも開いたそうで、その時優勝した料理がパッタイの原型らしい。

それを期に、タイ全土で食べられれようになった、ということだ。(ウィキペディア参考)

好みにもよりますが、美味しいパッタイは調味料に昔ながらのタマリンドの果肉のジュースを使っている。店によってはチリソースで真っ赤になっているパッタイなんかも見かけます。卵でオムライスのように巻いたパッタイホーカイというスタイルもありますね。

最近よく見かけるパッタイボラーン(昔風パッタイ)というのは、どうも生のエビは入っていなくて、小さな干しエビだけのものをそうよぶようです。写真の豪華なパタイはブルーエレファントのもの。パッタイは屋台から高級料理店まで、いろいろな店が出すメニューでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

お得なクーポン

プーケットのクーポン

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

プーケットのお天気

The location could not be found.
ページ上部へ戻る