ミーホッキアン@プーケット

プーケット料理はマレー、中国、タイの食文化が融合した味!

タイ旅行で本場の美味しいタイ料理を食べることが旅の楽しみの一つになっている人も多いと思います。日本人に大人気のガパオライスは私の中でも1位2位を争う大好物!

タイも日本と同じく南北に長く伸びる国のため、タイ料理と一言で言ってもその地域ならではのご当地料理が存在します。北部のカオソーイ、東北のソムタムやラープ、中部のマッサマンカレーや王宮料理のザボンのサラダ、南部のクアクリン、ゲーンルアンなどが代表的なご当地料理の一つです。

南部タイに位置するプーケット島は、その歴史から他の地域にはない独特の食文化があります。プーケットが錫鉱で栄えていた19世紀〜20世紀初頭、マレーシアのペナンから中国人(その多くは福建省出身者、少数の台湾、海南島出身者)が錫鉱の労働者としてプーケットへ移住してきました。

後に錫鉱事業は終息を迎えますが、中国系移民たちは地元タイ人と結婚をしたり、事業をはじめてプーケットに住み続けました。華僑の持ち込んだ異国文化の典型はシノポルトギース様式の建築。今ではプーケットオールドタウンと呼ばれ、そのエキゾチックな姿が人気のエリアです。それと同時にマレー、中国、タイの食文化が融合しプーケット独特の食文化ができました。

2015年にはプーケットの独特の食文化からユネスコ食文化創造都市に選ばれました。タイ国内旅行者からも注目が集まり、今、プーケット料理が熱いです!
38820656870_6999fe0720_z.jpg

焼きそばなのに汁ダクな福建焼きそば

中国福建省の影響を色濃く受けているのが『福建焼きそば』。エッグヌードルは他の地域にもありますが、エッグヌードルより太い福建麺はプーケットだけで作られている麺です。魚介、豚肉、練り物の入った『焼きそば』ですが、汁ダクなのが特長です。

福建焼きそばといえば、プーケットタウンにあるお店『Mee Ton Poe』が昔から有名で、プーケットに来たらここで福建麺を食べるという旅行者で賑わっています。今ではプーケット島内に支店が3店舗もあり、一番新しいタラン支店は本店よりも綺麗でエアコンも効いてるので個人的には好き。それに本店の混雑具合が味に影響してるのか? タラン支店の福建焼きそばは丁寧に作られている印象と具がタップリ入っていて正直本店よりも美味しいと思っています。
26759582848_7b6a588edd_z.jpg

『ミーフンミー』は福建麺とビーフンを一緒に炒めた二刀流焼きそば、これももれなく汁ダク。個人的には、ミーフンミーの方が軽めなので好きです。
25760380157_7dc221d5dc_z.jpg

昔はカニじゃなかった、ミーフンゲーンプー

『ミーフン ゲーンプー』はカニ肉がたっぷり入ったココナッツミルクカレーを茹でたビーフンに和えていただく麺料理。その昔はカニ肉ではなく鶏肉で作る『ゲーンガイ マーイファン』から派生して、シーフードのカニを入れた今の姿になったようです。ミーフンゲーンプーはプーケット料理として大流行中です。
39735203975_d3733b1a5a_z.jpg

朝ごはんメニューのパッドミー カドゥックムー

『パッドミー カドゥックムー』は具なしビーフン炒めとポークスペアリブの骨肉茶の流れをくむ薬膳スープがセットになっている朝ごはんメニュー。プーケットでは飲茶屋さんも多く、こちらでは飲茶は朝ごはんです。
25760383057_a59ee715d3_z.jpg

プーケット流パッタイ、クイティアオクイ

『クイティアオクイ』はプーケットのパッタイと呼ばれる焼きそば。米粉麺の太麺(センヤイ)をもやし、粉唐辛子、カリカリに揚げた豚の皮で炒め、パッタイほど甘くない仕上がりです。素朴な味わいが昔ながらを感じさせます。付け合わせの砕いたピーナッツ、もやし、ニラを加え好みでマナオをかけて食べるスタイルもパッタイによく似てますが、パッタイよりさっぱり味です。

『クイ』とはプーケットの言葉で”霊”というような意味合いがあって、その昔はこの焼きそばをお供え物にしていたところからこの名前になったという説もあるようです。安価でお腹を膨らますことがができる料理として労働者たちが好んで食べていたそうです。今では昔ながらのクイティアオクイを出すお店は少なくなっています。
40643642592_fa7bf02c12_z.jpg

プーケット料理はパトンビーチでも食べられます。パトンで食べるプーケット料理

文と写真:ニグジャー プーケット在住。屋台のラーメン、タイ料理から各国料理まで。美味しいものに出会えた時が最高にハッピー!nigujaaでインスタグラム更新中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. Intercontinental Phuket インターコンチネンタル プーケット
    憧れのホテルチェーンがついにプーケットに上陸 世界的にも有名なインターコンチネンタル。プーケ…
  2. ルネッサンスプーケット ホテル滞在記
    フォトジェニックなルネッサンス マイカオビーチには大規模に系列ホテルが立ち並びます。そんな中…
  3. The westin siray bay phuket
    プーケットタウンから近い、シービューが素敵なウェスティンシレーベイのサラプールヴィラ 202…
  4. アイランド エスケープ
    プーケットから船で15分、魅惑の島、アイランドエスケープ アイランドエスケープはココナッツア…
  5. 初めてのプーケット
    初めてのプーケット旅行。宿泊するビーチ選び、必ず行っておきたい観光スポット、ナイトライフはどこに?美…
  6. renaissance phuket
    1ベッドルームヴィラガーデンビュー・プランジプール|ルネッサンスプーケットリゾート&スパ 2…
  7. ルメリディアンプーケット
    カロンビーチの老舗リゾートといえばルメリディアンプーケットビーチリゾート(Le Meridien …
  8. ホテル クローバー パトン プーケット
    立地がとにかく便利!パトンビーチを満喫できる、ホテルクローバーパトンプーケット ホテルクロー…
  9. ザ マングローブ
    パンワの自然を感じるリゾート、ザ マングローブバイブルモンキー(The Mangrove by B…
  10. プーケット 飛行機ビーチ
    プーケットで人気の観光ポイントにもなっている、飛行機撮影ポイント。海から空港に着陸する飛行機(…


カテゴリー

ピックアップ記事

  1. サムズステーキ
    数々の賞にノミネートされた有名ステーキハウス、サムズステーキ サムズステーキはホリデーインリ…
  2. ニキーターズ
    ラワイビーチの人気老舗レストラン、 ニキータ ニキータはラワイビーチのビーチサイドにある、3…
  3. トマホークステーキ
    Special Promotion at Marriott Resort Nai Yang Bea…
  4. roost glamping
    プーケットでキャンプ気分を味わえるカフェ、ルーストグランピング(Roost Glamping) …
  5. nana roaster coffee
    本格ロースターコーヒー 近年タイでもコーヒーブームに火が付き、自家製焙煎を始めたカフェ、タイ…
  6. Starbucks
    バンコクにあるおしゃれなスタバ バンコクには数多くのスターバックスがありますが、最近おしゃれ…
  7. Ma Doo Bua
    プーケットのフォトジェニックカフェとして人気絶大なマドゥブア 大きなハスの葉っぱの池がシグネ…
  8. Sync Phuket
    カフェブームのプーケット カフェブームがまだまだ続いておりますプーケット。今やコンビニよりも…
  9. Starbucks
    アイコンサイアムにオープンした新スタバ Icon Siamに新しくオープンした、タイランドで…
  10. Parden
    日本風パフェをバンコクでいただく バンコクのプロンポン界隈では季節のフルーツパフェが食べれる…
  • 日本語
  • English

カテゴリー

ページ上部へ戻る