ホテルの料金表示:Nettと ++の意味はどう違う?

タイのホテル内の施設で料金表示が、〇〇Baht nett、あるいは〇〇Baht++というのを見かけると思います。++というのは料金に7%の消費税と10%のサービス料金が加算されるという意味です。 ネット(nett)はこの値段ぽっきり、ということです。

利用する側としては、ネット料金のがわかりやすくて、施設も利用しやすいですよね。高級ホテルといわれるホテルではほとんどが++ではないかと思いますが、パトンの5スターホテル、グランドメルキュール・パトンは、レストラン、カフェ、スパなどすべてがネット料金で利用できるのも特徴的です。

グランドメルキュールはフランス・アコーホテルズの系列。アコーは食べ物が美味しいことでも有名です。そのうえ、料金自体が利用しやすい設定。ハッピーアワーではシグネチャードリンクが1杯飲むともう1杯無料。カフェはフランススタイルのケーキが並び、町のカフェと大差ないお値段、というのも魅力的です。(2018.2)
28. Chou Chou.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. the Naka Phuket
    Yae ビーチがオンザビーチ、オシャレすぎるリゾート、ザ ナカ プーケット ザ ナカプーケッ…
  2. グランドメルキュールプーケット
    パトンビーチの5つ星ホテル、グランドメルキュールプーケットパトン(Grand Mercure Ph…
  3. seabed grand hotel phuket
    プーケットタウンにあるリラックスホテル、Seabed Grand Hotel シーベッドグラ…
  4. The westin siray bay phuket
    プーケットタウンから近い、シービューが素敵なウェスティンシレーベイのサラプールヴィラ 202…
  5. Intercontinental Phuket インターコンチネンタル プーケット
    憧れのホテルチェーンがついにプーケットに上陸 世界的にも有名なインターコンチネンタル。プーケ…
  6. キャンパスコーヒー
    プーケットではコロナ禍でありながらも現在カフェブームが到来中。新しい場所にお店が出来たと思うとカフ…
  7. Villa Zolitude
    ホテルアワードにノミネートされた5つ星リゾート、ヴィラゾリチュード プーケット島のチャロン港…
  8. スパサンクチュアリ ー バンヤンツリー プーケット
    全室プライベートプールヴィラのスパサンクチュアリ ー バンヤンツリープーケット 内にある大人…
  9. ザ ナイハーン プーケット
    ナイハーンビーチのオンザビーチホテル、ザ ナイハーン ウィンドミルプーケットから見える真っ白…
  10. marriott resort&spa Naiyang
    プーケット国際空港からアクセス便利 ナイヤンビーチの5つ星ホテル、マリオットナイヤンビーチは…


カテゴリー

ピックアップ記事

  1. roost glamping
    プーケットでキャンプ気分を味わえるカフェ、ルーストグランピング(Roost Glamping) …
  2. nana roaster coffee
    本格ロースターコーヒー 近年タイでもコーヒーブームに火が付き、自家製焙煎を始めたカフェ、タイ…
  3. Starbucks
    バンコクにあるおしゃれなスタバ バンコクには数多くのスターバックスがありますが、最近おしゃれ…
  4. Ma Doo Bua
    プーケットのフォトジェニックカフェとして人気絶大なマドゥブア 大きなハスの葉っぱの池がシグネ…
  5. Sync Phuket
    カフェブームのプーケット カフェブームがまだまだ続いておりますプーケット。今やコンビニよりも…
  6. Starbucks
    アイコンサイアムにオープンした新スタバ Icon Siamに新しくオープンした、タイランドで…
  7. Parden
    日本風パフェをバンコクでいただく バンコクのプロンポン界隈では季節のフルーツパフェが食べれる…
  8. The Grind Cafe Phuket
    Underwood Art Factory内のフォトジェニックなカフェ、The Grind Caf…
  9. Good cafe
    プーケットで今熱いカフェと言えば、Good Café。プーケットにたくさんの店舗を持つケーキチェー…
  10. キャンパスコーヒー
    プーケットではコロナ禍でありながらも現在カフェブームが到来中。新しい場所にお店が出来たと思うとカフ…

カテゴリー

  • 日本語
  • English
ページ上部へ戻る