カロンビーチの目の前|ルメリディアンプーケットビーチリゾート(Le Meridien Phuket Beach Resort)

ルメリディアンプーケット

カロンビーチの老舗リゾートといえばルメリディアンプーケットビーチリゾート(Le Meridien Phuket Beach Resort)

カロンビーチと言えば、ルメリディアンと言うほど、昔からある老舗のリゾートで名前の通っているホテルです。ルメリディアンのすぐ目の前にはビーチが広がるので、ビーチアクティビティ、海水浴も合わせて楽しめるリゾートです。プーケット島内の様々なホテルを見てきましたが、こんなにも贅沢な立地はなかなかないと思います。

ビーチが目の前なんて、リゾート滞在を考えている方にはなんとも贅沢な条件ですよね。ホテルから一歩も出ないと言う方もメリディアンはビーチにダイレクトに出ることができるのが、一番のポイントです。

デラックスプールビュールーム@ルメリディアンプーケット

ルメリディアンプーケット

宿泊したのはプールと海の両方が見渡せるゲストルーム、デラックスプールビューでした。バルコニーが海側に向いているので、海もプールもどちらも見渡せるようになっているのが特徴的で、景色が良いのです。

ルメリディアンプーケット

ゲストルームを入るとまず手前にバスルームがあります。バスルームと寝室はガラス窓で仕切られていて、バスルームを使用しないときはブラインドを開けると部屋が繋がりさらに広く感じます。デラックスプールビュールームはもともと37㎡のサイズのお部屋なので、広さも十分。バルコニーが付いているので、さらに広く感じます。

ルメリディアンプーケット

こちらのバスルームはバスタブの上にレインシャワーがつくタイプのバスタブで、初めて見るタイプでした。最初はセパレートシャワーでない点が気になったのですが、実際に利用して見ると、レインシャワーから水漏れはほとんどなく、バスタブの蛇口に替えればあっと言う間にお湯がたまるので、とても利用しやすいバスタブでした。シャワー後、そのままレインシャワーでお湯を溜めると、スチームサウナのようにバス室内が蒸気の包まれ、とても気持ちよかったです。

ルメリディアンプーケット

寝室中央にはキングサイズベッドがあり、家族でも十分に利用できるサイズです。大きなテレビと備え付けのデスク&椅子、そしてカウチとテーブルがあり、客室内の収納も整っているため、長期間での滞在も可能です。

プーケットでは現在サンドボックスが始まっていて、長期滞在する外国人観光客が多いようです。ル・メリディアン・プーケットでは2週間もしくは1ヶ月の滞在者が最も多いようで、お部屋の構成を見ても納得。長期滞在でもストレスなく滞在できることがわかります。広いバルコニーや、余裕のあるゲストルームがポイントのル・メリディアンです。


ホテル内にはフォトジェニックスポットがいっぱい

ルメリディアンプーケット

ル・メリディアンプーケットではフォトスポットがたくさん用意されています。主にビーチエリアに用意されているので、ビーチを散策しながら周る事をお勧めします。

ルメリディアンプーケット

ハンモックはビーチにあります。

ルメリディアンプーケット

ハンモックの奥にはカラフルなサーフボードが並んでいます。

ルメリディアンプーケット

夜になるとライトアップされるRELAX!

ルメリディアンプーケット

バーコーナーにもなる、ビーチエリアです。

ルメリディアンプーケット

フォトジェニックといえば、やっぱりブランコですね。

ルメリディアンプーケット

敷地の広いルメリディアンの中にはこのように多数のフォトジェニックスポットが用意されています。写真撮影だけでもツアーになりそうなボリュームです。


巨大すぎるプール@ルメリディアンプーケット

ルメリディアンプーケット

ル・メリディアン・プーケットは2つのプールがあります。1つは北側に位置するプールでプールの大半が深く、深度2メートルとなっています。こんなに深場が多いプールをもつホテルは初めてで、驚きました。本格的に泳ぐ方には深いプールの方が利用しやすいですよね。毎日午前中に体験ダイビングプログラムも開催しています。深いプールがないと体験ダイビングは出来ないので、このプログラムがあるのも、ル・、メリディアンならではです。

ルメリディアンプーケット

もう一つのプールは浅瀬に作られていて、プール内でゆったり過ごすのをメインで作られています。お子様でも安心して利用できるような深さですが、さらにタープ付きの子供ようプールもあります。そしてレーンで仕切られている競泳用のプールもあり、これだけプールが充実しているので、長期滞在者が多いのも納得しました。

ルメリディアンプーケット

浅瀬プールサイドはとてもフォトジェニックで丸いプールソファが可愛らしく、プールの中に描かれているカメと見事にマッチしていました。


ル・メリディアン・プーケットのレストラン

ルメリディアンプーケット

本来のル・メリディアン・プーケットならば、ラインアップ豊富なレストランがポイントなのですが、現在はコロナ禍とあり、縮小営業中です。それでもプールサイドのレストラン、TONSONがオープンしているので、プールを利用するゲストとしてはとても使い勝手が良いレストランでした。金曜〜日曜は和食の有明がポップアップで出店しているので、鉄板焼きメニューもいただくことができます。

ルメリディアンプーケット

午後の時間は海を見ながらカクテルがおすすめ。フォトジェニックスポットRELAXを見ながら、ドリンクをいただきました。マンゴーやパッションフルーツなどのトロピカルフルーツを使用したノンアルコールカクテルのモカテルがとても可愛く、ホテルのシグネチャードリンクでオススメです。

ルメリディアンプーケット

ディナーはサンセットの変わりゆく空を眺めながら、サラダ、サーモンのたたき、ハンバーガー、スパゲティーをいただきました。

ルメリディアンプーケット
ルメリディアンプーケット
ルメリディアンプーケット
ルメリディアンプーケット

海風が心地よい空間でした。サンセットの頃合いに合わせてディナーをいただくのはオススメです。

ルメリディアンプーケット

この日はこんなに綺麗な雲で空の色が変わりました。空が広いルメリディアンなので、サンセットの見応えもあります。

ルメリディアンプーケット

ランチ時はプールサイドでいただくドリンクとスナックがおすすめです。

ルメリディアンプーケット

美しいモカテルがオススメです。スナックにはクンサロン(エビのフライ)をオーダーしました。とてもおしゃれなひと時です。プールサイドに似合うチョイスでした。


朝食はブッフェスタイル

ルメリディアンプーケット

朝食はLatest Recipeでいただきます。ブッフェスタイルなので、お好きなチョイスにできるレストランです。コーナーごとに新鮮な食事が用意されています。中でもタイ料理のセッションが豊富でラーメンや、タイ風カレー麺など美味しいメニューがたくさんでした。コロナ禍と言うこともあり、多くのメニューは小分けでよそわれていたり、その場でコックさんが盛り付けてくれます。衛生面でも安心できます。


ゲストルーム見学・ジュニアスイート

ルメリディアンプーケット

ジュニアスイートは真正面にプールを見渡せるビルディングに位置します。特徴としては大きなバルコニーで、ビーチチェアとパラソルが備え付けられています。大きなプールが目の前に広がり、大きな景色の見える部屋です。

ルメリディアンプーケット

ジュニアスイートからはシャワーとバスタブが別々になります。そしてゲストルーム内にリビングエリアがあり、ソファも備え付けられています。

ルメリディアンプーケット

部屋の雰囲気はシックな色で、とても落ち着きのある雰囲気です。カッコ良いゲストルームに滞在したいのであれば、ジュニアスイートはオススメです。自室で日焼けを楽しむこともできます。


ゲストルーム見学・オーシャンビュールーム

ルメリディアンプーケット

オーシャンビュールームは海を正面にしたビルディング内にあります。2階がジュニアスイート、その上の階がオーシャンビュールームとなります。

ルメリディアンプーケット

ハイフロアーのゲストルームからはプール一面を見渡すことが出来、とても素敵な景色です。こちらの部屋タイプはデラックスプールビューよりもカテゴリーは上ですが、バスタブは付きません。バスタブをご希望でしたら、デラックスルームかジュニアスイートがオススメです。


ル・メリディアン・プーケットのまとめ

ルメリディアンプーケット

メインの2つのプールを中心にゲストルームが建ち並び、こんなにも景色の贅沢なホテル、敷地内にゆとりがあるホテルだなと感心しました。土地の使い方が贅沢すぎる!!そんなホテルです。リゾートホテルのイメージにぴったりのル・メリディアンです。ホテルから一歩も外に出なくても、海水浴まで楽しめ、プールサイドも広々しているので、快適にプール浴も楽しめます。ホテル内でのんびりしたい方にはイチオシのホテルです。

ホテルデータ
ホテル名 ルメリディアンプーケットビーチリゾート(Le Meridien Phuket Beach Resort)
ロケーション カロンビーチ  29 Soi Karon Nui, Tambon Karon, Amphur Muang, Phuket 83100 Thailand
ホテルタイプ ビルディング
ウエブサイト https://www.marriott.com/hotels/travel/hktmd-le-meridien-phuket-beach-resort/
TEL 076- 370100

客室タイプ
デラックスルーム (37㎡)、デラックスプールビュー(37㎡)、デラックスオーシャンビュー(38㎡)、ジュニアスイート (47㎡)、デラックスオーシャンテラス(57㎡)
客室内設備
アイロン設備、タオル、衛星テレビ/ケーブルテレビ、エアコン、トイレタリー、遮光カーテン、クローゼット、バルコニー/テラス、書斎デスク、コーヒー/ティーメーカー、ヘアドライヤー、清掃(毎日)、シャワー、ミニバー、電話、スリッパ、ワイヤレス インターネット、無料Wi-Fi、セーフティボックス(客室内)
施設とサービス
エレベーター、ドアマン、喫煙所、コンシェルジュ、ドライクリーニング、現金引き出し、コンタクトレス チェックイン/チェックアウト、フードデリバリー、清掃(毎日)、コンビニ、ランドリーサービス、両替、セーフティボックス(フロント)、荷物預かりサービス、あそび場託児施設、24時間セキュリティチェックイン(24時間対応)、外廊下、24時間フロント
、タクシーサービス、空港送迎、駐車場(敷地内)、レンタカー駐車場(近隣)、駐車場(無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. seabed grand hotel phuket
    プーケットタウンにあるリラックスホテル、Seabed Grand Hotel シーベッドグラ…
  2. Intercontinental Phuket インターコンチネンタル プーケット
    憧れのホテルチェーンがついにプーケットに上陸 世界的にも有名なインターコンチネンタル。プーケ…
  3. フォーポインツ
    パトンビーチが目の前、フォーポインツバイシェラトン パトンビーチの最新ホテル、フォーポイント…
  4. The westin siray bay phuket
    プーケットタウンから近い、シービューが素敵なウェスティンシレーベイのサラプールヴィラ 202…
  5. ラトリホテルプーケットオールドタウン
    ムーンが輝く異空間ホテル|ラトリ ホテル プーケット オールドタウン プーケットオールドタ…
  6. 初めてのプーケット
    初めてのプーケット旅行。宿泊するビーチ選び、必ず行っておきたい観光スポット、ナイトライフはどこに?美…
  7. ルメリディアンプーケット
    カロンビーチの老舗リゾートといえばルメリディアンプーケットビーチリゾート(Le Meridien …
  8. レッツリラックスのオススメスパコース レッツリラックスはタイランドのチェーンスパです。プーケ…
  9. スパサンクチュアリ ー バンヤンツリー プーケット
    全室プライベートプールヴィラのスパサンクチュアリ ー バンヤンツリープーケット 内にある大人…
  10. ルネッサンスプーケット ホテル滞在記
    フォトジェニックなルネッサンス マイカオビーチには大規模に系列ホテルが立ち並びます。そんな中…


カテゴリー

ピックアップ記事

  1. サムズステーキ
    数々の賞にノミネートされた有名ステーキハウス、サムズステーキ サムズステーキはホリデーインリ…
  2. ニキーターズ
    ラワイビーチの人気老舗レストラン、 ニキータ ニキータはラワイビーチのビーチサイドにある、3…
  3. トマホークステーキ
    Special Promotion at Marriott Resort Nai Yang Bea…
  4. roost glamping
    プーケットでキャンプ気分を味わえるカフェ、ルーストグランピング(Roost Glamping) …
  5. nana roaster coffee
    本格ロースターコーヒー 近年タイでもコーヒーブームに火が付き、自家製焙煎を始めたカフェ、タイ…
  6. Starbucks
    バンコクにあるおしゃれなスタバ バンコクには数多くのスターバックスがありますが、最近おしゃれ…
  7. Ma Doo Bua
    プーケットのフォトジェニックカフェとして人気絶大なマドゥブア 大きなハスの葉っぱの池がシグネ…
  8. Sync Phuket
    カフェブームのプーケット カフェブームがまだまだ続いておりますプーケット。今やコンビニよりも…
  9. Starbucks
    アイコンサイアムにオープンした新スタバ Icon Siamに新しくオープンした、タイランドで…
  10. Parden
    日本風パフェをバンコクでいただく バンコクのプロンポン界隈では季節のフルーツパフェが食べれる…
  • 日本語
  • English

カテゴリー

ページ上部へ戻る