季節のパフェを楽しめるフルーツパーラー|パーンデン (Parden)

Parden

日本風パフェをバンコクでいただく

バンコクのプロンポン界隈では季節のフルーツパフェが食べれると、SNSやブログで大変賑わっているパーラーです。その名もParden!バンコクの駐妻さん達の間では特に大人気のお店、前から行ってみたいお店でした。プーケットウォークの筆者である私はプーケットに住んでおります為、プーケットではパーラーとかフルーツパフェを目にする機会が皆無と言っても良いほどなのです。

Parden

パーデンがおすすめ度No.1の理由は日本人オーナーの為、日本風のフルーツパフェを楽しめるお店なのです。季節のパフェと名前がつくので、1種類なのかなと勝手に思っていたら、そうではなく、その日の入荷に応じて、数種類のパフェが用意されています。

Parden

日本のパフェが恋しい方には懐かしのメロンパフェや春はイチゴパフェ、秋には栗のパフェもいただけるとは驚き。今までタイで栗のパフェって見たことが無いので大感動ものです。次回は栗の時期を狙って訪問しようと考えています。特に栗のパフェは人気が高く、限定販売されているようです。開店前から並ぶ必要もあるようなので、用意周到に再来したいと考えています。

Parden

パーデンは在住者だけでなく、旅行者の皆さんにもおすすめです。パーデンのフルーツはタイの旬のフルーツを取り入れているので、日本では馴染みのないフルーツのパフェもあります。

Parden

この時私がオーダーしたのはマヨンチットのパフェ。お恥ずかしながら、今まで聞いたことが無いフルーツの名前でした。オーナーさんに尋ねると、マンゴーの種類の一つで小ぶりのマンゴーだそうです。プラムマンゴーとも呼ばれるそうで、食べて納得のお味でした。甘酸っぱい感にハマりました。本当に美味しいマンゴーでした。言うならばお代わりでオーダーしたいくらいでした。

Parden

もう一つオーダーしたのが、マンゴーのパフェ。こちらは普通サイズのマンゴーですが、マンゴーもその時の旬で種類が変わります。この日も2種類のマンゴーが用意されていましたが、珍しいものの方でお願いしました。

どちらも美味しい!パフェにするとよりおいしさの引き立つマンゴーでした。タイに住んでいてよかったと思うのはマンゴーを食べた時。日本で食べたら、このマンゴーは一体いくらするんだろうといつも考えてしまいます。タイだからお手頃でいただけるのだといつも実感しております。

Parden

我が家の娘はパフェでなく、しっかりフードメニューのサーモンサンドをオーダーしました。甘いものだけでなく、カレーやパンメニューなどランチとして最適なメニューもあります。私たちがペロッとパフェをいただく中、サーモンが美味しいとサンドをペロリと完食する娘。サンドにはドリンクがサービスでつきます。家族で存分に楽しませていただきました。他にもプリンアラモード、ケーキ、フレッシュジュース、コーヒー、お茶とメニューが揃います。一度では堪能しきれず、複数回訪問は必須です。

Parden

パーデンはパーラーだけでなく、雑貨店も兼ねて営業しています。タイの可愛らしいセレクト雑貨が並ぶので、雑貨をお土産にするのも良しです。今まで見たことないような可愛らしい雑貨が店内に並んでいますので雑貨も要チェックです!フルーツパフェは時価なので、入荷に応じて値段が変わります。250〜350Bの価格帯が多いようです。日本のフルーツパーラーの半額以下で新鮮なタイの旬のフルーツをいただけるので、イチオシです。バンコクに訪れる度に訪問したい、そんなお店です。



お店のインフォメーション

Parden

住所:The Manor 2F. 32/1 Sukhumvit soi 39, Klongton-nua, Wattana, Bangkok 10110

電話:02-204-2205 

営業時間  水~金:11:00~ラストオーダー17:00 

      土日:12:00~ラストオーダー17:00

定休日:月曜日と火曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



カテゴリー

カテゴリー

ページ上部へ戻る