メルリンキッチン@プーケットメルリンホテル

メルリンキッチンはプーケットのご当地料理が美味しいホテルのレストラン

オールドプーケットタウンにあるプーケットメルリンホテルは1980年創業の地元ホテルです。メルリンキッチンは昔からタイ料理が美味しいと地元では有名で、タイ人の結婚式のパーティーでも人気のホテルです。

こちらのオーナーもオールドプーケットの歴史を継承する中華系なので、タイ+華僑の料理が融合したプーケット料理本来の味を提供しています。レストラン内は各所にレトロな雰囲気を取り入れて、オールドタウンのレストランという雰囲気です。

今回は期間限定のセット(ナムプリッククンシアップ・ムーホン・ヤムヤイ)と南部タイに来たら是非とも食べたい料理(パットサトームーサップ・プラートートカミン)をアラカルトで注文していただきました。

どの料理も味付けにしつこさや脂っこさがなく、すっきりとした味わい。さすがホテルと感心しました。セット料理はボリュームもあって399バーツととてもお得な料金です。プーケットのご当地料理を食べたい方は是非お試しください。

プーケットウォークにご予約いただくと先着2名様に200バーツのお食事券をプレゼント!有効期限は2020年12月31日です。問い合わせフォームからご連絡ください。

メルリンキッチン

タイ人観光客必須・ナムプリック クンシアップ(セットメニュー)

ナムプリッククンシアップ@メルリンキッチン・プーケットメルリン
プーケットに遊びに来るタイ人は必ず食べると言っても過言ではない一品です。海産物が豊富なプーケットで、名産品の干しエビとエビ味噌を使ったすっぱ辛いディップに、数種類の生野菜や茹で野菜を添えて食べる最強のご飯のお供です。

メルリンキッチンではさすがホテル! 良質な干しエビとエビ味噌をたっぷり使って、きれいに盛り付けられて各種野菜に、脚のついたフリルのあるお皿も素敵です。干しエビとエビ味噌は旨味の塊! 口の中で旨さがジュワーっと広がり、ごはんも野菜も進む地元のタイ家庭料理です。今回はタイ人レベルで出してもらったので非常に辛かったです(4人で食べましたが2人は脱落)。オーダーの際に辛さのリクエストも可能です。

プーケット風豚の角煮 ムーホン(セットメニュー)

ムーホン@メルリンキッチン・プーケットメルリン
プーケットご当地料理の代表選手ムーホンはプーケット風豚の角煮です。じっくり煮込んで飴色になった豚バラの皮の部分はプルンプルンで口に入れるととろ〜んととろけます。

お店によっては恐ろしい量の脂が器に浮いて、しつこすぎる~と辟易することもありますが、こちらのムーホンは手間がかかっているのでしょう、脂っこさが抜けたすっきりした仕上がりです。幾つでも食べられちゃう美味しさでした。もちろんご飯はマストです!

タイシェフサラダ ヤムヤイ(セットメニュー) 

ヤムヤイ@メルリンキッチン・プーケットメルリン
たっぷりのレタス、茹で鶏、茹で玉子、エビ、トマトなどカラフルな具材を濃厚なソースで和えていただくメルリン自慢のタイシェフサラダです。サラダだけにドレッシングとでも呼んだ方がしっくりいく赤いソースは、辛さはほとんどなく、ココナッツミルクやナッツなどで作ったまったりした味わいです。おめでたい席でよく登場するメニューです。

発祥はタイ中部といわれていますが、かつて西洋野菜が珍しい時代ではヤオヤイは贅沢サラダでありました。メルリンは昔からこのヤオヤイが美味しいというのも有名でした。

南部名産サトー豆と豚ひき肉炒め(パットサトームーサーップ)

パットサトームーサップ@メルリンキッチン・プーケットメルリン
サトーは巨大な房に入った香りの強い豆で南部タイの名産品です。旬は雨季。『サトー豆と豚ひき肉炒め』はサトーと豚ひき肉、エビを刻んだ赤唐辛子とオイスターソース、タマリンドソースで炒めたなんとも味わい深い一品でした。

ポイントは酸味のあるタマリンドソースで、一口食べるとサトーの独特の香りが爆発! 辛さ、オイスターソースの味わいを感じた後にほんのり酸味を感じ、なんともクセになる美味しさです。個人的にサトーの香りは干し椎茸の香りを濃縮したような臭いだと感じています。このサトー豆、食べた翌日のウ○チにその匂いの強烈さを発揮するという、なんともクセのある豆なのです。こちらはアラカルトで注文して150Bです。

魚のカミン揚げ(プラートートカミン)

プラートートカミン@メルリンキッチン・プーケットメルリン
肉質がしっかりしているロウニンアジをターメリックでマリネしてからカラッと仕上げた唐揚げ。すっぱ辛いさっぱりしたソースと共に頂きます。シンプルですが、魚が新鮮なので文句なしに美味しいです。常々脂のノリが少ないこちらの魚は揚げる調理法が一番美味しいと思っています。こちらはアラカルトで注文して150Bです。

昔ながらのスイーツ・トゥーボーとコーヒーで

トゥーボーというのは昔のお菓子で、温かいココナッツミルクの中にニンジンやカボチャ、ゼリーのような練り物が入ったタイ菓子です。温かいココナッツミルクはココナッツの匂いや味で、その品質の良し悪しがはっきり感じられます。こちらはまろやかな味と香りでココナッツミルク自体の美味しさが立つ、満足できる味でした。お菓子はアラカルトで注文して60Bです。

メルリンキッチン@プーケットメルリン

通常はホテルに入らずに専用入り口からレストランに入ることができますが、現在は新型コロナ予防のチェックがあるため、ホテル入口を利用します。屋外のテラス席もあります。

タイ料理メニューもほとんど一品100バーツ台が主流なので、ホテルのレストランでも気軽に利用できるのも魅力です。夜はおかゆ&おかずのセットがあり、これもまたタイ人に好評のようです。プーケットタウンでは要チェックのレストランです。(2020/8)

【レストランデータ】
店名:メルリンキッチン(Merlin Kitchen)
ロケーション:プーケットタウン・プーケット メルリン ホテル内
営業時間:朝食からディナーまで
TEL:076- 212 866  http://www.merlinphukettown.com/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. the Naka Phuket
    Yae ビーチがオンザビーチ、オシャレすぎるリゾート、ザ ナカ プーケット ザ ナカプーケッ…
  2. renaissance phuket
    1ベッドルームヴィラガーデンビュー・プランジプール|ルネッサンスプーケットリゾート&スパ 2…
  3. パトンビーチまで徒歩1分、フォトジェニックな隠れ家ホテル、ブラサリプーケット(Burasari P…
  4. プーケット 飛行機ビーチ
    プーケットで人気の観光ポイントにもなっている、飛行機撮影ポイント。海から空港に着陸する飛行機(…
  5. ルメリディアンプーケット
    カロンビーチの老舗リゾートといえばルメリディアンプーケットビーチリゾート(Le Meridien …
  6. The westin siray bay phuket
    プーケットタウンから近い、シービューが素敵なウェスティンシレーベイのサラプールヴィラ 202…
  7. 初めてのプーケット
    初めてのプーケット旅行。宿泊するビーチ選び、必ず行っておきたい観光スポット、ナイトライフはどこに?美…
  8. Double Pool Villa
    全室プールヴィラのバンヤンツリー バンヤンツリー シリーズ3弾目。シグネチャープールヴィラ、…
  9. Intercontinental Phuket インターコンチネンタル プーケット
    憧れのホテルチェーンがついにプーケットに上陸 世界的にも有名なインターコンチネンタル。プーケ…
  10. キャンパスコーヒー
    プーケットではコロナ禍でありながらも現在カフェブームが到来中。新しい場所にお店が出来たと思うとカフ…


カテゴリー

ピックアップ記事

  1. roost glamping
    プーケットでキャンプ気分を味わえるカフェ、ルーストグランピング(Roost Glamping) …
  2. nana roaster coffee
    本格ロースターコーヒー 近年タイでもコーヒーブームに火が付き、自家製焙煎を始めたカフェ、タイ…
  3. Starbucks
    バンコクにあるおしゃれなスタバ バンコクには数多くのスターバックスがありますが、最近おしゃれ…
  4. Ma Doo Bua
    プーケットのフォトジェニックカフェとして人気絶大なマドゥブア 大きなハスの葉っぱの池がシグネ…
  5. Sync Phuket
    カフェブームのプーケット カフェブームがまだまだ続いておりますプーケット。今やコンビニよりも…
  6. Starbucks
    アイコンサイアムにオープンした新スタバ Icon Siamに新しくオープンした、タイランドで…
  7. Parden
    日本風パフェをバンコクでいただく バンコクのプロンポン界隈では季節のフルーツパフェが食べれる…
  8. The Grind Cafe Phuket
    Underwood Art Factory内のフォトジェニックなカフェ、The Grind Caf…
  9. Good cafe
    プーケットで今熱いカフェと言えば、Good Café。プーケットにたくさんの店舗を持つケーキチェー…
  10. キャンパスコーヒー
    プーケットではコロナ禍でありながらも現在カフェブームが到来中。新しい場所にお店が出来たと思うとカフ…

カテゴリー

  • 日本語
  • English
ページ上部へ戻る