タイ料理図鑑【カオパット】今月のおすすめ

カオパット@プーケット

プーケットではエビやカニ入りのカオパットがおすすめ

タイ料理の鉄板といえば、カオパット(タイ風チャーハン)。編集部もプーケットに来たばかりのときは、美味しいし、メニューもよくわからなかったこともあり、本当によく食べました。あまりに食べすぎて、10年以上封印したメニューでもありました。

ある日、突然、食堂でカオパットを久々に食べたとき、その美味しさを再認識したのです。ナンプラーや塩、胡椒で味付けしたサラッと、パラパラっとした炒めご飯のシンプルさに、「あ~やっぱり美味しいわ~」となりました。食べる前に添えのマナオを絞るのもお約束です。

一緒に入れる具は卵に野菜、そしてメイン具材はチキン、豚、エビなどから選びますが、プーケットだとやっぱりエビ! どこでも新鮮なエビがでてくる、ように思います。シーフードを扱う店になるとカオパット・プー。カニ入りカオパット。これも人気です。

カオパット・プーケット・タイ料理

上のカオパットはプーケットタウンの市場裏にある、ちょっとこ汚いかな~、という、でもタイ人に人気のお店で食べたカオパット。その名も『カオパット・プーチャッカン』、社長さんのカオパットみたいな意味でしょうか。中国ソーセージなんかも入った具材豊富なカオパットです。お値段はほんの少し通常より高めでしたが、美味しかったです。

なに食べるか迷ったら、カオパット。そんな安心感ある料理です。昼は単品で食べたりもしますが、どんなタイ料理とも相性がいいので、いろんな料理をたのんで、ご飯は白飯じゃなくてカオパットということも多いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

Phuket Walk のブログ-取材ノート

プーケットウォークのブログ

ページ上部へ戻る