プーケット島内の交通手段と料金

トゥクトゥク・プーケット

タクシー、メータータクシー、トゥクトゥク、ソンテウなどの乗り方と料金の目安

タクシーの利用と料金

各ビーチにはローカルタクシーの行き先別料金表示がされた看板などが立っています。正規のタクシーは緑ナンバーになっていますが、ローカルにはいわゆる白タクもあります。安心して利用したい場合はホテルや旅行代理店でタクシーの予約をしましょう。料金は人数や時間帯によっても変わる場合があるので、利用する際に事前に確認しておきましょう。

ビーチからパトンビーチへ行く料金の目安

• カタビーチ 500バーツ
• カロンビーチ 400バーツ
• シャロン 600バーツ
• ラワイビーチ 800バーツ
• ナイハンビーチ 800バーツ
• タウン 600バーツ
• カリムビーチ 200バーツ
• カマラビーチ 500バーツ
• スリンビーチ 600バーツ
• バンタオビーチ 700バーツ
• ラヤンビーチ 1,000バーツ
• ナイヤンビーチ 800バーツ
• マイカオビーチ 1,200バーツ

トゥクトゥク(小型タクシー)の乗り方と料金

tuktuk

パトンビーチなど島内の主要なビーチで 頻繁にみかける。軽自動車を改造したもので後部が座席になっている。ある程度距離によって料金は決まっているが、時間帯、人数などにより交渉制となる場合が多い。

【乗り方】 最初に行き先を告げ、料金交渉をすること。パトンビーチでは2007年より一方通行が適用されたため、少しの距離も一回りすることもある。パトン中心部で車1台200B位。

メータータクシーの乗り方と料金

meter-taxi

車体にオレンジと黄色のラインが入り、メータータクシーという表示がされている。 初乗り2km50バーツ、15kmまで1km12バーツ、15km以降1km10バーツ。 徐々にメータータクシーの数が増えてきているがまだまだ少ない。街中を流しているタクシーもあるので運が良ければ利用できる。空港内にはメータータクシー乗り場がある。

バイクタクシーの乗り方と料金

bike

モトサイラップチャンとタイ語で呼ばれ、庶民の気軽な足となっている。街角にバイクを止めて客待ち。許可書をもっている人は緑や赤系などのベストを着ている。町の中を移動するには便利。パトンビーチの中心内では40B~50B。距離によって値段は上がる。同乗者もヘルメットを被ることが義務付けられている。

ビーチ間を結ぶスマートバス

パトンビーチから空港方面のスマートバスの乗り場はビーチロードとバングラロードのT字交差点にあるポリスボックス前となります。基本的にスマートバスはビーチ間を移動するのにおすすめですが、交通渋滞などもあって、時間が読めないこともあるので、空港に向かう場合はあまりおすすめできません。

http://phuketairportbusexpress.net/より引用 スマートバスの詳細

青の公共バス(ソンテウ)-プーケットタウンと島内の主要ビーチ間を結ぶ

list06b【タウン-パトン間にミニバスが運行】
2016年よりタウンのバスターミナル1からパトン行きのミニバス(バン)が運行しています。片道50B。バスターミナル1より7am-6pmまで1時間に1本。パトンからは6am-5pm。パトンの発着は南側にあるマリンプラザ(市場)となります。

島内の主要なビーチとプーケットタウンの間で運行されている。タウンの発着場所はプーケットタウンバスターミナル1(パンガー通り側)を出発し、ラノンロード(タイ航空前)の市場で10分ほど客待ちをし各ビーチへ向かうソンテウ・プーケット

【運行時間】毎日、朝7時~夕方6時まで30分おきに運行している。
【乗り方】 停留所でなくても、手を上げてバスに合図すれば乗車することができる。
【料金 】バスに乗車してから徴収される。パトンビーチ〜プーケットタウン・タイ航空前の市場ま では35バーツ。市場〜バスターミナル1間は追加20バーツがかかる。大きな紙幣で払うとお釣りがないことがあるので、なるべくちょうどの金額または小さな紙幣で払おう。右の写真はパトンビーチの発着所(パトンメルリン前)に停車中のソンテウ。

パトンビーチ行き パトンメルリンホテル前が終点・始発 タウンからの距離15km
カロンビーチ行き カタビーチ-カタノイ経由 タウンからの距離20km
カマラビーチ行き バンタオ-スリン→ラムシン経由 タウンからの距離26km
ナイハンビーチ行き ラワイビーチ経由 タウンからの距離18km
シャロン行き シャロン湾サークル タウンからの距離11km
サラシン橋行き タラン→ムアンマイ経由 タウンからの距離42km
プーケット水族館行き マカム湾→プーケット港経由 タウンからの距離10km

ピンクの公共バス(ソンテウ)-プーケットタウン周辺を運行

terminal4
島内の交通情報島内の主要なビーチとプーケットタウン間で運行している青色のソンテ ウとは別に、プーケットタウン周辺で4ルート運行するピンク色のソンテウがある。15分間隔で運行されているというが、渋滞などで時間通 りには来ないことが多い。

【乗り方】 道路脇で手を上げてバスに合図するか、ピンク色のバスの看板のあるバス停で待つ。木製の横乗りバスで後ろから乗り込む。
【料金】 車掌さんのようなスタッフがバスの乗口にいて、料金を徴収する。料金は10バー ツなので、ちょうどか小さなお札20バーツや50バーツで支払おう。
【運行ルート】

  •  ルート1(黄ルート)スーパーBig C〜Phuket Vocational School
    サパンンBig Cからセントラルデパート、ロータススーパー、バスターミナル1な どを経由してサパンヒンにある学校とのルートを運行。
  • ルート2(赤ルート)スーパーSuper Cheap〜 Simummuang Market
    バスターミナル2から大通りを挟んだ向かいにあるディウカウント スーパSuper Cheapから、プーケットタウンの東側を通り、ロビンソン周辺を抜け タウンの西側にあるチャオファ通りにあるSimummuang Marketとのルートを運 行。
  • ルート2(青ルート)バスターミナル1〜バスターミナル2
    パンガー通り脇にあるバスターミナル1と長距離バス用のバスターミナル2の間で運行。
  • ルート3(緑ルート)サパンヒン〜シレー島
    サパンヒンからオールドプーケットタウン、バスターミナル1、ピピ島行きのフェ リー乗り場ラッサダピアを経由し、シレー島へのルートを運行。

※ルートの色分けは、運行ルートマップ内でルートごとに色分けされているもので、実際の バスには色分けはありません。
※ルート2はなぜか違う2つのルートを運行しているにも関わらず、同じルート名になっ ていて混乱しやすい。バスの車体側面に英語で書かれた行き先の確認をしてから乗ろう。

プーケットタウンには2ヵ所のバスターミナルがある

バスターミナル1

プーケットタウンのパンガー通り側にあり、以下のバスの発着ターミナルです。
バスターミナル1@プーケットタウン
●プーケット空港からのエアポートバスの発着
●各ビーチからのブルーの公共バス(ソンテウ)の発着
●プーケットタウン周辺を走るピンク色の公共バス(ソンテウ)の、バスターミナル1と 2間をつなぐルート2
●タクアパタウン(カオラックを通る)行きバス
●その他南部県行きミニバスの発着

詳しくは長距離バスで他県への交通手段で

バスターミナル2

プーケットタウンの北側にある長距離バスターミナルです。
●タイの主要年へ向う長距離バスの発着
●プーケットタウン周辺を走るピンク色の公共バス(ソンテウ)のターミナル1〜2間を 繋ぐルート2が乗り入れ。
terminal3bus9

※バスターミナル2前の大通りを渡ったスーパーマケットスーパーチープからプーケット タウンに向かうピンク色の公共バス(ソンテウ)が出ている。
※タクシーやバイクタクシーもターミナル周辺で拾うことができる。タクシーは料金交渉 をしてから利用しよう。
※エアポートバスは、ターミナル1に発着しターミナル2には乗り入れていません。

ターミ ナル間の移動は、ピンク色の公共バス(ソンテウ)のルート2を利用する。 ルート2のバスは、2種類あるので、バスターミナル1〜バスターミナル2間の運行をしているルート2を 利用してください。バス車体の側面上部または正面に運行ルートが英語で表示されています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. marriott resort&spa Naiyang
    プーケット国際空港からアクセス便利 ナイヤンビーチの5つ星ホテル、マリオットナイヤンビーチは…
  2. キャンパスコーヒー
    プーケットではコロナ禍でありながらも現在カフェブームが到来中。新しい場所にお店が出来たと思うとカフ…
  3. 初めてのプーケット
    初めてのプーケット旅行。宿泊するビーチ選び、必ず行っておきたい観光スポット、ナイトライフはどこに?美…
  4. ルネッサンスプーケット ホテル滞在記
    フォトジェニックなルネッサンス マイカオビーチには大規模に系列ホテルが立ち並びます。そんな中…
  5. バンヤンツリー  プーケット
    バンヤンツリー はリゾートならでは全室プール付きヴィラ ラグーナエリアの人気ホテル、バンヤン…
  6. Intercontinental Phuket インターコンチネンタル プーケット
    憧れのホテルチェーンがついにプーケットに上陸 世界的にも有名なインターコンチネンタル。プーケ…
  7. Villa Zolitude
    ホテルアワードにノミネートされた5つ星リゾート、ヴィラゾリチュード プーケット島のチャロン港…
  8. Pullman Phuket Arcadia
    ナイトンビーチを一望できる高台ホテル ナイトンビーチにある5つ星ホテル、プルマンプーケット…
  9. Double Pool Villa
    全室プールヴィラのバンヤンツリー バンヤンツリー シリーズ3弾目。シグネチャープールヴィラ、…
  10. スパサンクチュアリ ー バンヤンツリー プーケット
    全室プライベートプールヴィラのスパサンクチュアリ ー バンヤンツリープーケット 内にある大人…


カテゴリー

ピックアップ記事

  1. Starbucks
    バンコクにあるおしゃれなスタバ バンコクには数多くのスターバックスがありますが、最近おしゃれ…
  2. Ma Doo Bua
    プーケットのフォトジェニックカフェとして人気絶大なマドゥブア 大きなハスの葉っぱの池がシグネ…
  3. Sync Phuket
    カフェブームのプーケット カフェブームがまだまだ続いておりますプーケット。今やコンビニよりも…
  4. Starbucks
    アイコンサイアムにオープンした新スタバ Icon Siamに新しくオープンした、タイランドで…
  5. Parden
    日本風パフェをバンコクでいただく バンコクのプロンポン界隈では季節のフルーツパフェが食べれる…
  6. The Grind Cafe Phuket
    Underwood Art Factory内のフォトジェニックなカフェ、The Grind Caf…
  7. キャンパスコーヒー
    プーケットではコロナ禍でありながらも現在カフェブームが到来中。新しい場所にお店が出来たと思うとカフ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る