プーケット国際空港(HKT)の最新情報と5つの注意点

プーケット国際空港

プーケット国際空港の最新情報

※この情報は2017年作成されたものです。現在はプーケット空港に以下のような注意すべきことはありません。
プーケット国際空港の国際線ターミナルが2016年9月にオープンしました。そして、2016年11月1日より始まった旧ターミナル(現在は国内線ターミナル)の改修工事も2017年末に南側の改修工事を終え、2018年6月に全ての工事が終了する予定となっています。それによりプーケット空港は年間の旅客処理能力を650万人から1250万人に倍増できるとのことです。

実際、国際線ターミナルはオープンはしているのですが、完全に完成しているとはいえない状態です。また、国内線ターミナルは工事のため、店やカウンターはテンポラリーで移動し、非常に狭いエリアで到着したお客のピックアップなどが行われているため、時間によっては非常に混乱していました。

プーケット国際空港5つの注意点

その① プーケット国際空港のターミナルの呼び方で混乱しないようにする

プーケット国際空港には2つのターミナルがあり、国際線ターミナルと国内線ターミナルという呼び方になっています。たとえば、フライト到着時刻をウエブで調べてみると、こんな情報が見つかったりします。

国内線TG203は、タイ内のルートを提供しています(はHKTにBKK)。飛行は11月24日08:30にバンコク, スワンナプームを離れ11月24日09:55にプーケットタウンターミナル1に到着します。飛行時間は1時間25分。

こういった混乱する情報もときにはありますので注意!ターミナル1という呼び方はありません。ただ、国内線ターミナルには建物にターミナル2と表記されているという事実も。空港のインフォメーションで確認しましたが、1,2という呼び方はないとのことです。

その② 同じフライトでも搭乗地でプーケットでの利用ターミナルが変わる。

国際線ターミナルを利用:日本や海外からバンコクで国内線に乗り継ぎの場合は、タイ入国審査はバンコクで手続きし、プーケットでは国際線ターミナルに到着します。また、帰国の際に、バンコクで国際線に乗り継ぎの場合は、タイ出国審査はプーケットで手続きします。

国内線ターミナルを利用:乗り継ぎなしの単純に国内線利用の場合。バンコクから国内線の搭乗手続きをしてプーケットに到着。帰国時はバンコクで出国審査をする航空券を持っている、あるいはバンコクに数日滞在してから帰国などと言う場合は国内線ターミナルからの発着になります。よくわからない場合はチケットのブッキングコードで判断できるようなので、航空会社や旅行代理店に問い合わせてみるといいでしょう。

その③ 国際線ターミナルの到着フロアの出口

2017年12月現在では出口は3,4番がつかわれています。その前は1,2番出口が使われていました。出口前にお迎えの人が待機しているので、何番出口を利用するかお迎えの人と連絡しておけばトラブルも少なくなります。

P1011288.JPG

その④ ターミナル間の移動

もし、ターミナルを間違えてしまった場合はターミナル間を運行するシャトルバスを利用しましょう。シャトルバスは24時間運行しています。2018年2月現在は国際線到着ターミナルをでた6番出口近くから国内線への連絡通路が利用できます。

【シャトルバスのルート】

shattle2.JPG

国際線ターミナル1F 到着フロアを出た5番ゲート前

  ⇩

shattle1.JPG

国際線ターミナル3F 出発フロアの3番ゲート前

  ⇩

shattle3.JPG

国内線ターミナル ドロップオフコーナー
P1011313.JPG こんなシャトルバスの案内表示がでています。

その⑤ 国内線ターミナルでのタクシー等のお迎えが探しにくいので事前に待ち合わせ場所を確認する

26991589_1570687363018088_4878769993457321435_n.jpg 2017年末に改修工事を終えた国内線ターミナルの南側はオープンしました。南側の開業後、ターミナル北側の改修工事が始まり、完成予定は2018年6月予定だそうです。現在はターミナルへの入り口は2番だけで、出口も1ヵ所となります。順路に従って1番出口を出ます。出たところでお迎えを予約した車のドライバーたちがゲストの名前を書いたボードを持って待っています。
26815330_1570687393018085_7549408559840496043_n.jpg 26903672_1570687396351418_3830479774390324654_n.jpg

26804390_1570687336351424_6164896854178472999_n.jpg

国際線ターミナルとはターミナル内で連絡通路で繋がっています。プーケットで乗り継ぎの場合この通路を使う事になります。歩いて1分ほどです。

事前にタクシー等を予約をしていない場合は、到着ロビーでリムジンタクシーやミニバス(パトン、カタ・カロン行き)を予約できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. Good cafe
    プーケットで今熱いカフェと言えば、Good Café。プーケットにたくさんの店舗を持つケーキチェー…
  2. The westin siray bay phuket
    プーケットタウンから近い、シービューが素敵なウェスティンシレーベイのサラプールヴィラ 202…
  3. seabed grand hotel phuket
    プーケットタウンにあるリラックスホテル、Seabed Grand Hotel シーベッドグラ…
  4. westin siray bay ウェスティンシレーベイ
    プーケット東部の5つ星ホテル プーケットのシレー島エリアにある5つ星ホテル、ウエスティンシレ…
  5. ルネッサンスプーケット ホテル滞在記
    フォトジェニックなルネッサンス マイカオビーチには大規模に系列ホテルが立ち並びます。そんな中…
  6. the Naka Phuket
    Yae ビーチがオンザビーチ、オシャレすぎるリゾート、ザ ナカ プーケット ザ ナカプーケッ…
  7. グランドメルキュールプーケット
    パトンビーチの5つ星ホテル、グランドメルキュールプーケットパトン(Grand Mercure Ph…
  8. Double Pool Villa
    全室プールヴィラのバンヤンツリー バンヤンツリー シリーズ3弾目。シグネチャープールヴィラ、…
  9. renaissance phuket
    1ベッドルームヴィラガーデンビュー・プランジプール|ルネッサンスプーケットリゾート&スパ 2…
  10. ザ ナイハーン プーケット
    ナイハーンビーチのオンザビーチホテル、ザ ナイハーン ウィンドミルプーケットから見える真っ白…


カテゴリー

ピックアップ記事

  1. roost glamping
    プーケットでキャンプ気分を味わえるカフェ、ルーストグランピング(Roost Glamping) …
  2. nana roaster coffee
    本格ロースターコーヒー 近年タイでもコーヒーブームに火が付き、自家製焙煎を始めたカフェ、タイ…
  3. Starbucks
    バンコクにあるおしゃれなスタバ バンコクには数多くのスターバックスがありますが、最近おしゃれ…
  4. Ma Doo Bua
    プーケットのフォトジェニックカフェとして人気絶大なマドゥブア 大きなハスの葉っぱの池がシグネ…
  5. Sync Phuket
    カフェブームのプーケット カフェブームがまだまだ続いておりますプーケット。今やコンビニよりも…
  6. Starbucks
    アイコンサイアムにオープンした新スタバ Icon Siamに新しくオープンした、タイランドで…
  7. Parden
    日本風パフェをバンコクでいただく バンコクのプロンポン界隈では季節のフルーツパフェが食べれる…
  8. The Grind Cafe Phuket
    Underwood Art Factory内のフォトジェニックなカフェ、The Grind Caf…
  9. Good cafe
    プーケットで今熱いカフェと言えば、Good Café。プーケットにたくさんの店舗を持つケーキチェー…
  10. キャンパスコーヒー
    プーケットではコロナ禍でありながらも現在カフェブームが到来中。新しい場所にお店が出来たと思うとカフ…

カテゴリー

  • 日本語
  • English
ページ上部へ戻る